WRITE, DREAM, LIVE

アメリカ在住の日本人が綴る、学んだ英語、出会った言葉、日々の疑問など

誰かに親切にすることのインパクト「Today you, tomorrow me」

f:id:AgentScully:20201231143944j:plain
angi12345によるPixabayからの画像

 皆さん、「Reddit」をご存知でしょうか。
 多分英語圏で一番大きな掲示板です。日本の某巨大掲示板のように、様々なカルチャーや話題を生み出しているものの、ヘイトの温床でもあります。
 ちなみにRedditの創業者二名のうちの一人、アレクシス・オハニアンはテニス界の女王セリーナ・ウィリアムズの夫。二人とも大金持ちという点以外は、異人種・異業種、歩んできた人生もまったくクロスしなそうなお二人ですが結婚生活は順調なようで、真のロマンスを感じます。私の中で別れてほしくないセレブ夫婦ナンバー1。
 2020年、ブラック・ライブズ・マター運動の高まりを受け、アレクシス・オハニアンは、白人至上主義がはびこるRedditの取締役を辞任。妻が黒人、娘も黒人(白人と黒人の混血は黒人なのです・・・おかしいですよね)ですからね。
www.harpersbazaar.com

 おっと、セリーナとオハニアンのことだけで記事が終わってしまう。それくらい私にとっては、興味津々なご夫婦です。

 話をRedditに戻します。

 この間、Podcast番組に「あのRedditから生まれた有名なストーリーが10周年」ということで、投稿者が10年前の投稿を朗読しているのを聴きました。この話、本当に有名らしく、日本の英語の教科書にも載っているという話までネットで見かけたのですが(Fu○k満載の元の文章は修正されているんですよね・・・?)、私は今年まで知らず。
 要約を載せたいところですが、要約したらなんか全然良さが出なくてびっくりしました。この投稿を元にショートムービーも作られていて、観てみたけどあまり元の文章を聴いたり読んだりした時ほどの良さは感じられなかった。
 書き散らしたような文章だけど、多分、元の文章が上手なんだろうな、やはり体験した人が思いをぶつけて書いているからなんだろうなと思いました。

 というわけで、すでにネットでたくさん出回っていますが、私のようにまだ知らなかった人も多いと思うので、以下に元の文章と共に日本語訳を載せときます。訳はひどいですが、話のエッセンスは伝わるかと。

 もともとは、「ヒッチハイカーを車に乗せたことある?」というスレッドに返信したもの。でも、その話題はそっちのけで「Today you, tomorrow me」が有名になってしまいました。

 アメリカには車検が全く無くて、こういうトラブルがすごく多いと言うことを念頭に置いてお読みください。

 ちょっといい話で2020年を締めくくりたいと思います。

====================

 ヒッチハイカーを見たら、だいたい毎回車を停めている。都会に引っ越したし、彼女があんまりそういう習慣に乗り気じゃなくてここ数年はやめてたけど。でもそんな俺を変えるちょっとしたことが起こって、またヒッチハイカーを拾う習慣に戻ってる。長い話だし、道路で起こったっていう以外ほとんどなんにもヒッチハイカーと関係無いんだけど書かせてね。
Just about every time I see someone I stop. I kind of got out of the habit in the last couple of years, moved to a big city and all that, my girlfriend wasn't too stoked on the practice. Then some shit happened to me that changed me and I am back to offering rides habitually. If you would indulge me, it is long story and has almost nothing to do with hitch hiking other than happening on a road.

 この一年、3回も車のトラブルがあったんだ。高速でタイヤがパンクしたのと、あちこちヒューズが飛んだのと、ガス欠。そのすべてで運転していたのは人の車だった。それって気持ちの面でもっと落ちこむっていうか、実際の作業の面でも最悪なんだよ。自分の車だったらジャッキとかヒューズとか乗せてるんだから。下り坂に駐車しちゃいけないことも、ガス欠になりそうな時に急な登りを行っちゃいけないことも知ってたんだけどね。
This past year I have had 3 instances of car trouble. A blow out on a freeway, a bunch of blown fuses and an out of gas situation. All of them were while driving other people's cars which, for some reason, makes it worse on an emotional level. It makes it worse on a practical level as well, what with the fact that I carry things like a jack and extra fuses in my car, and know enough not to park, facing downhill, on a steep incline with less than a gallon of fuel.

 まあとにかく、そういうクソみたいなことが起こるたび、人がいかに俺を助ける気が無いかってことにムカつく。高速の脇で、AAA(日本で言うJAF)が来るのを待ちながら、ほかのロードサービスの車が通り過ぎるのを見て何時間も過ごしたよ。4つのガソリンスタンドで「安全上の理由で」ガソリンの缶を売ってもらえなかったし。結局15ドルで蓋ついてない1ガロンのやつ買えたけど。毎回「この国ももう終わりだな」とかそういうこと言いたくなる。
Anyway, each of these times this shit happened I was DISGUSTED with how people would not bother to help me. I spent hours on the side of the freeway waiting, watching roadside assistance vehicles blow past me, for AAA to show. The 4 gas stations I asked for a gas can at told me that they couldn't loan them out "for my safety" but I could buy a really shitty 1-gallon one with no cap for $15. It was enough, each time, to make you say shit like "this country is going to hell in a handbasket."

 でも、その三回全部に助けに来てくれたの誰だと思う? 移民だよ、メキシコの移民だ。全員、英語なんて全然話せなかった。でも、そのうちの一人がすごい響いたんだよね。
But you know who came to my rescue all three times? Immigrants. Mexican immigrants. None of them spoke a lick of the language. But one of those dudes had a profound affect on me.

 タイヤがパンクした時俺を助けに来てくれたその人は、全員で6人の家族が車に乗ってたよ。もう道路の脇に4時間くらいいる時だった。でかいジープの後ろのタイヤがパンクして、スペアのタイヤはあったけどジャッキが無かった。窓に「要ジャッキ 金出します」ってサイン出してた。全然ダメだったけど。もう諦めてヒッチハイクしようとしてた時、バンが寄ってきて男が降りて来た。彼は状況を把握して、一番英語が話せる小さい娘を呼んだ。その子に通訳させて、自分がジャッキを持っていること、でもこのジープには小さすぎるから添え木が必要なことを伝えたんだ。バンからのこぎりを出してきて、高速の横の倒れた木から丸太を切った。二人でそれを転がしてその上にその人のジャッキを乗せ、そして仕事開始だ。タイヤを外し始めたんだけど、信じられるか? 俺、その人のレンチ壊しちゃったんだ。折り畳み式のやつで、先のところを外さなくちゃいけなかったのにうっかり折ってしまった。糞だよ。
He was the guy that stopped to help me with a blow out with his whole family of 6 in tow. I was on the side of the road for close to 4 hours. Big jeep, blown rear tire, had a spare but no jack. I had signs in the windows of the car, big signs that said NEED A JACK and offered money. No dice. Right as I am about to give up and just hitch out there a van pulls over and dude bounds out. He sizes the situation up and calls for his youngest daughter who speaks english. He conveys through her that he has a jack but it is too small for the Jeep so we will need to brace it. He produces a saw from the van and cuts a log out of a downed tree on the side of the road. We rolled it over, put his jack on top, and bam, in business. I start taking the wheel off and, if you can believe it, I broke his tire iron. It was one of those collapsible ones and I wasn't careful and I snapped the head I needed clean off. Fuck.

 心配するな、とでも言うように彼はバンに走って行って奥さんに壊れたレンチを渡して、奥さんはすぐ車で代わりのやつを買いに行った。15分で戻ってきてくれて、俺たちは汗かいて少々悪態をつきながら(役立たずの丸太がズレ始めてたんだ)終わらせた。そして俺はただハッピーな男になったよ。俺たちは汗だくで汚かった。奥さんはでかい水の容器を出してきて、俺たちに手を洗わせてくれた。俺は、男の人に20ドル札渡そうとしたけど受け取ろうとしなかったんだ。だから、できるかぎりそっと奥さんに渡した。家族全員にお礼を言った。あとでプレゼントか何か送れたらいいなと思って、(英語が話せる)小さな女の子にどこに住んでいるか聞いたら、メキシコに住んでいると言った。子供たちは両親がこれから何週間か桃を摘む仕事をするために一緒にここに来ていた。その次はチェリーを摘んでその後で国へ帰る。その子は、俺にランチを食べたかと尋ね、まだだと答えると自分たちのクーラーボックスからタマルを出して俺にくれた。俺の人生最高のタマルをな。
No worries, he runs to the van, gives it to his wife and she is gone in a flash, down the road to buy a tire iron. She is back in 15 minutes, we finish the job with a little sweat and cussing (stupid log was starting to give), and I am a very happy man. We are both filthy and sweaty. The wife produces a large water jug for us to wash our hands in. I tried to put a 20 in the man's hand but he wouldn't take it so I instead gave it to his wife as quietly as I could. I thanked them up one side and down the other. I asked the little girl where they lived, thinking maybe I could send them a gift for being so awesome. She says they live in Mexico. They are here so mommy and daddy can pick peaches for the next few weeks. After that they are going to pick cherries then go back home. She asks if I have had lunch and when I told her no she gave me a tamale from their cooler, the best fucking tamale I have ever had.

f:id:AgentScully:20201231010904j:plain
メキシコ料理タマル(Tamale)

 ちょっとはっきりさせておくけど、その家族は間違いなく、俺より、これ読んでるあんたがたより、その時に高速走ってたどの車の中の人より貧しかった。時間が何よりも大切な季節労働で働いてるってのに、1時間も2時間も知らん男を助けてくれたんだよ。牽引車のトラックの人たちは通り過ぎてたけど。すごいよな。
So, to clarify, a family that is undoubtedly poorer than you, me, and just about everyone else on that stretch of road, working on a seasonal basis where time is money, took an hour or two out of their day to help some strange dude on the side of the road when people in tow trucks were just passing me by. Wow...

 でもまだ続きがある。俺は彼らにもう一回礼を言って、自分の車に行って、もう死ぬほど腹減ってたし、ホイルにくるまったタマルを開けた。で、そこに何があったと思う? 俺が渡した20ドル札だよ! 俺は慌てて彼らのバンに引き返した。男は窓を下げた。俺の手にある20ドル札を見ると、受け取りたくないとでもいうように首を横に振った。俺は、20ドルを突き出しながら「Por Favor(=お願いですから), Por Favor, Por Favor」、そう言うしかできなかった。男は微笑んで首を横に振り、英語をなんとか話そうとすごく集中した表情になって、こう言った。
「Today you.... tomorrow me.」

But we aren't done yet. I thank them again and walk back to my car and open the foil on the tamale cause I am starving at this point and what do I find inside? My fucking $20 bill! I whirl around and run up to the van and the guy rolls his window down. He sees the $20 in my hand and just shaking his head no like he won't take it. All I can think to say is "Por Favor, Por Favor, Por Favor" with my hands out. Dude just smiles, shakes his head and, with what looked like great concentration, tried his hardest to speak to me in English:

"Today you.... tomorrow me."

 窓を上げると彼の車は行ってしまった。後ろの窓では彼の娘が手を振っていた。俺は自分の車の中に座り、史上最高にクソうまいタマレを食った。そしてただ泣いた。小さな女の子みたいに。つらい一年だったし、良くなる感じもなかった。この出来事は本当に思いがけなくて、どうしていいのかわからなかった。
Rolled up his window, drove away, his daughter waving to me in the rear view. I sat in my car eating the best fucking tamale of all time and I just cried. Like a little girl. It has been a rough year and nothing has broke my way. This was so out of left field I just couldn't deal.

 それから五か月、俺は2,3回誰かのタイヤを換えたし、ガソリンスタンドまで2,3回人を連れてったし、一回なんて行先から50マイルも離れてたけど女の子を空港まで送った。金は受け取らない。毎回、別れ際にみんなに言っている。
「Today you.... tomorrow me」
って。
In the 5 months since I have changed a couple of tires, given a few rides to gas stations and, once, went 50 miles out of my way to get a girl to an airport. I won't accept money. Every time I tell them the same thing when we are through:

"Today you.... tomorrow me."

tl;dr(「長文、乙」みたいな感じ)だよね。長くてまとまりないけど、知らない人、特に国境の南から来ている人たちのやさしさが、俺がどんなに路上や人生でだれかを助けるようにさせたかって話。他の人にはあんまり意味無いってわかってるけど、俺にはマジで2010年の一番のクライマックスなんだ。
tl;dr: long rambling story about how the kindness of strangers, particularly folks from south of the border, forced me to be more helpful on the road and in life in general. I am sure it won't be as meaningful to anyone else but it was seriously the highlight of my 2010.