WRITE, DREAM, LIVE

アメリカ在住の日本人が綴る、学んだ英語、出会った言葉、日々の疑問など

オバマ大統領、「ジョー・バイデンが、誰かに意地の悪いことをしたのを聞いたことがあるか?」

f:id:AgentScully:20201104030627j:plain

大統領に立候補すると、その人の欠点は全て晒されてしまう。
だが、ジョーが誰かに意地の悪い態度をとったという話を聞いたことがあるか。
誰かに不誠実な態度をとったり、不当な扱いをしたり、助けを求めて来た人たちを避けたり邪魔にしたりしたのを聞いたことがあるだろうか。
(オバマ元大統領、ゲスト出演したポッドキャスト番組より)

When you run for president, all your flaws are exposed.
But, you don't hear the stories about Joe being just mean to somebody.
You don't hear Joe being disloyal to someone, or mistreating them, or being stand off and pushing them away when they are asking for help.
(Former president, Balack Obama, from Pod Save America, 2020/10/14)

 今日は、アメリカ大統領選挙の投票日。いよいよです!
 今のところ、週末にトランプ支持者のトランプマンセーパレードの車列に付いて来られて怖かった以外は、特に生活していて「ついに投票日だ」というのを実感することは無い。子供たちも普通に学校に行くし。

 でもやっぱり都会は大変らしい。店舗のガラス部分を板で覆っている店も多いと聞いた。とにかく、結果より何より混乱が無く終わることを祈るばかり。あと、みんな投票所できちんとマスクして感染防止に努めてほしい。

 アマゾンの倉庫スタッフたちが投票日を有給の休日にしてほしいと戦っていたのは、結局どうなったのだろう?? 多分、ダメだったんでしょうね。社会不安で備蓄のための注文も多いだろうし、会社にとってはただただ儲かってウハウハの日なんだろう。

 以前から、大統領選挙の日を国民の祝日にしようという動きはあったようだけど、まだ実現には至らず。当日休めない人のために事前投票や郵便投票の制度があるわけですからね。しかし、CNNの記事によると、ネット上でも高まる「投票日を有給休暇に!投票率を上げよう!」という動きに、直前になってその動きに賛同することを決めた企業もある様子。
 
コカ・コーラ社、
ベスト・バイ (BBY)、
GAPグループ (GPS)、
Jクルーグループ(あれ?倒産したんじゃなかったっけ?),
JPモルガン・チェイス (JPM)、
リフト (LYFT)、
ナイキ (NKE)、
Twitter社 (TWTR)、
Visa (V) 、
Apple 社(AAPL、投票のための4時間の有給休憩を許可)
Airbnb、
Tモバイル、
シェイク・シャック、
フォード社、
ソニーも!!

 これらの会社を含む900社以上が、スタッフに有給のお休みを許可したとのこと。

 テキサス州とか、ジョージア州では、投票日当日を迎える前に、事前投票の数だけで前回選挙の総投票数を上回ったと聞くし、今回の選挙は本当に特別なのだと感じる。

 さて、結果ですが。

 私は正直、トランプさんもバイデンさんもどちらもリーダーとして大丈夫なのか・・・と盛り上がらない気持ち。

 この冒頭に引用したのは、10月中旬に「Pod Save America」というポッドキャストに出演した際、「8年間一緒にやってきて、何かあなただけが知っているバイデン候補のエピソードをシェアして下さい」と言われた時のオバマ大統領の言葉。
“Barack Obama on 2020.” | Crooked Media

「いろいろあるんだけど、とにかくジョーはUnderdog(弱者、敗者)の立場になって考えるいいやつなんだ。」

 そういう人にリーダーになってほしいと思わないか?と強く訴えておられ、それはよーーーーくわかるし賛成なのですが、私にはどうもバイデンさんがやさしさあまって弱い感じに映る。「いい人」にこんななんでもありのカオスな国を率いられるのか。ある意味、冷徹で厚顔無恥のジャイアンのようなヤツがリーダーにならないとまとまらないかもしれない。

 圧倒的な不利な状況をひっくり返して上院議員に選ばれた直後の30歳、奥さんと1歳の娘さんを交通事故で亡くしたバイデンさん。
 息子さんたちと暮らすために、デラウェアとワシントンDCの間を毎日90分かけて電車で通勤し続けたというバイデンさん。 
 そんな息子さんのうちの一人も脳腫瘍で5年前に他界してしまった。
 
 お子さんに二度も先立たれたバイデンさんに、これ以上苦労してほしくないです。

 オバマ政権では、オバマさんよりはるかに年上でありながら、おっちょこちょいや失言でオバマさんを困らせるキャラで、ネットでもいじられてばかりだったバイデンさんだけど、副大統領として輝いていたと思う。
77 Hilarious Conversations Between Obama And Biden Are The Best Medicine After This Election | Bored Panda

 そんなバイデンさんが負けるところを見たくない。

 勝ったしても、その後の激務や大衆からの批判で疲弊していくところも見たくない。

 私は非常に複雑な心境です・・・・・・。

 そして、トランプ大統領。

 今や、人としてどうなのかという言動を繰り返しているけれど、私は2016年に大統領当確になった直後のニュースが忘れられない。
 
 トランプが大統領になることが決まった途端、全国で人種差別や弱者差別の事件が相次ぎ、テレビでそのことを指摘された彼が言った言葉は以下だった。

「非常に悲しいことだ」、大統領に選出されたトランプは、自身の支持者からマイノリティーの人々に投げつけられるひどい言動を耳にして述べた。
「私がこう言うことで助けになるならカメラに向かってきちんと言おう。やめなさい。」
トランプはCBSの60ミニッツでこう語った。

The President-elect said he was "so saddened" to hear about vitriol hurled by some of his supporters against minorities.
"If it helps, I will say this, and I will say right to the cameras: Stop it," Trump told CBS' "60 Minutes."

ソース:
Hate crimes, racist graffiti after election; Trump says 'stop it' - CNN

 これは、日本語のニュースにもなっていたはず。
 4年前は、トランプさんにもこう言うだけの良識や思いやりが残ったいた。選挙期間中に人種差別につながる言葉を繰り返していたのも、そうすれば大衆を煽れるということをよく知っていて、結果を深く考えずに大衆が喜ぶことをやっていた感じがする。 

 今は、もう一度選ばれるためなら手段を選ばない、大衆の恐怖心でも差別でも嫌悪でもなんでも利用する、という人物に成り下がってしまっている。支持者が、彼を引くに引けない状態にしてしまった。彼自身も、周囲も、支持している人々も、今のトランプを作った。

 トランプさんは、幼稚な甘ったれなだけで、根っから腐っている人ではないと思いたい。もう一度選ばれたら、煽りに煽った大衆の心のネガティブな部分を残りの4年をかけて真剣に変えて行ってほしい。あれだけ教祖のように信奉されているのだから。彼の一言で、あの人たちは行動を変えるだろう。あのように煽られた人々は、それで幸せになったのか。トランプさんには、自分の持つ力を、人気を、大衆の命を守り、彼らの本当の幸せを追求するために使って欲しい。

 Good Luck, USA!!