WRITE, DREAM, LIVE

アメリカ在住の日本人が綴る、学んだ英語、出会った言葉、日々の疑問など

ブルース・スプリングスティーン71歳、10月の海で泳ぎながら考える「死はたくさんの素晴らしい事のほんの一幕でしかないんだ」

f:id:AgentScully:20201030003122j:plain

今ここにいるっていうことを感じるんだ。
歳をとるにつれて、そういう感じを日に日によりありがたく感じる。
どの夜明けもどの夕暮れもありがたいよ。
(ブルース・スプリングスティーン)

Having the experience of having been here.
As I've gotten older, I appreciate that experience more and more each day.
I appreciate each sunrise and sunset.
(October 2020, Bruce Springsteen)


 2020年10月第三週だった先週。

 アリアナ・グランデちゃんがアルバム発表にさきがけ新曲を発表した・・・という目と耳に幸せなニュースがありました。

www.youtube.com

 本当に今、美貌の最高点にいるという感じですね。小さなボディからびっくりするような迫力ある歌声(この新曲では抑え目)を聞かせてくれ、お顔もかわいらしく、適度にセクシーでしっかり意見があって・・・・・・男の子も女の子も憧れてしまう今風のプリンセス。正直、曲のほうはたまに「???これ、いいか??」となるものも私にはあるのですが、シンガーとしてすごいなあと思います。

 とにかくこういう女の子は、みんなを元気にしてくれますね。

 が、しかし、先週私を元気にしたのは意外なことに71歳の歌声。

 10月23日に通算20枚目の新作アルバム『Letter to you』と同名の白黒ドキュメンタリー映画を投下したブルース・スプリングスティーンです。

 正直あまりちゃんと聴いたことなく、名前だけは知っている方だったのですが、私の中では、ブルース・スプリングスティーンって、

「以前は弟分(?)の佐野元春さんのようにすべての街角のボーイズ&ガールズに捧げるような歌を作って歌っていたけれど、途中からUSA!USA!になったお方」

というような解釈なんですけど、それでオーケーですか? ちょっとチガウのかな。あまり興味がなかったのですが、ラジオから流れた来たインタビューの声と新曲に惹かれました。先週は、リル・ベイビーのインタビューも聴きましたが、礼儀正しくも少し暗く苦しそうにも聞こえた彼の語りに対し、ブルース・スプリングスティーンはなんだか元気いっぱいで楽しそうで。

 思わず、新作アルバムをYoutubeで全部聴いてしまった。
 声は確かに若い時の声と変わってしまっているのですが、歌唱力は変わってしないというか、老けた声で吠えるように歌うその感じが素晴らしく私を元気にしてくれました。音楽自体も機械で作ったのではなく、ミュージシャンが集まってちゃんと「せーの」で楽器弾いて作っている、その100%バンドでやってます感が今どき逆に新鮮で新鮮で。

 今回の新作、大統領選の直前というタイミング的に政治的な内容なんだろうと予測しながら聴きましたが、意外や意外、ほぼそういう内容は無く、かなり個人的な思いが切々と歌われていますね。何十年も一緒にやってきたバンドのメンバーが一人、また一人と亡くなってたった一人自分だけが残っていることへの思いというか、死、喪失、思い出のアルバムに聴こえます。

 でも、どこか明るい。淡々としています。

 老いるということや友を見送るということをインタビューでも語っていますが、70代になると「もはや死は日常、仕方が無い」、という感じ。

すごくおかしなことだ。
子供の頃、俺は多くの死と共に生きて、そして誰かの死が珍しい20代から40代くらいで(死と共に生きることからの)長い休憩があって、それで50代になった途端、もちろん60代も70代もだけど、またそれが人生の大きな部分になるってわけだ。

And it's a very funny thing because I lived a lot with death when I was a child, and then you have this big break from it, sort of from your 20s to your 40s, where it's very rare for someone to pass away. And then once you hit your 50s and 60s and 70s, of course, it becomes a big part of your life again.

そうだな、過去15年くらいかな、人々が早くチェックアウトし始めることに気付くのは。そして親しい友を失うようになり悲しむ。(中略)そして、誰が自分のことを自分でできて、誰がそうできなくなっているか周囲を見渡し始めるんだ。他より心配な人が何人か出始める。今やそういうことは日常茶飯事さ。

Well, the past 15 years, really, is when you notice people starting to check out early. And so that that gets sad, you know, as you lose close friends. (snip) You start looking around to see who's taking care of themselves and who's not taking care of themselves. You start worrying about some people more than others. And it's just a daily part of your life now.

老いや死をくよくよ考えている時間すらなく、「自分がここまで来られたことや、素晴らしい思い出や愛があることが生きる希望」という境地のようです。

昨日10月の半ばというのに海の中にいて、それがいかに素晴らしい事かをただ思うだけの瞬間があったんだ。
(中略) バンドのメンバーや家族に対して感じている愛は、大きな希望だ。死はそういうもののほんの一部に過ぎないだろ? 自分は幸運な男だと感じているよ。

I was in the ocean yesterday in the middle of October, and there was just a moment where I just thought about how wonderful that was.
(snip) I find tremendous hope in simply the love that I have amongst my band members and amongst my family. And death is just a part of all those things, you know? So I feel like a lucky guy.

 私にはまだこの境地が理解できないのですが、素晴らしい人生を送られたブルース・スプリングスティーンならではの人生への肯定感と感じました。私がこのまま71歳になったとしてもこんなふうに思えないかも。

 結局、今をせいいっぱい生きて積み重ねていくしかないのかな。その先に「これでよかった」と思える瞬間があるのでしょうか。

 働き口・・・探さなくちゃ・・・。

英語メモ

shoot from the hip 考えず衝動的に行動する I'm shooting from the hip. I'm totally uninhibited. (衝動的にやっているよ、なんの制約も感じていない)

参考記事・動画

Bruce Springsteen Talks Loss And Hope In 'Letter To You' : NPR

最後の弾き語りで自分の曲を「・・・えーと、残りは忘れちゃった」となってちょっと心配・・・。↓ ↓ 
youtu.be